会議体の運営方法について

当社は、会議体による業務執行の決定の重要性に鑑み、原則、従来どおり対面にて取締役会、その他社内会議を実施しております。ただし、社内会議で濃厚接触状態を生じさせないための措置として、会議時間の短縮、会議出席者数の制限、ソーシャルディスタンスを十分意識した着席配置等万全の対策を講じております。また、当社取締役・監査等委員は常に情報の緊密な連携を図っており、万が一感染者が出た場合であっても業務の継続には支障はございません。