高齢化の進展の影響について

介護事業の市場規模が需要面では大きくなると想定しています。
一方で供給面では、労働力人口の減少(人材不足)が懸念されます。
医療の進展や介護制度の改定状況にもよりますが、介護事業の需要の大きさに対する供給面の対応が課題となると予想されます。今後の対応としては
・人材の確保(海外労働力含む)、育成
・業務の機械化(介護ロボット等)
・M&A
などが考えられます。

葬祭事業は件数が増加する一方、単価減少により事業規模は横ばいに留まり、今後急速に拡大していくことは困難となるのではないかと想定しています。