積極的なM&Aと新規事業分野進出により、お客様のトータルライフをサポートする体制を確立、コロナショック後を見据えた事業戦略を推進します。

2020年3月期の主要事業の業績をコロナ禍が与えた影響も含めてお話ください。

● ホテル・ブライダル事業
まずは、この場をお借りして、この度の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された皆様、並びに感染拡大によりご不自由な生活環境におられる皆様に、心よりお見舞い申し上げます。また、医療従事者の皆様をはじめ、感染拡
大防止にご尽力されている皆様には深謝申し上げます。
第3四半期までのホテル事業は、地域企業への渉外活動を強化したことでご宴会、ご宿泊の売上高は順調に推移しました。ところが、第4四半期に入ると、特に2月以降、既受注分の取りやめ、延期等が相次ぎ、新規受注も全くない状況となりました。このような状況の下、今後の見通しを現時点で正確に把握することは難しい状況であり、少なからぬ影響が出ることは避けられないと考えております。

● 式典事業
式典事業は、生前ご相談会、施設見学会、フェスタ、周年祭開催といったお客様とのコミュニケーションを深める施策を実施、ご葬儀のご相談窓口をWEB・映像など多様化することで、お客様の利便性を高めてまいりました。しかしながら、今期は暖冬の影響等もあり、ご葬儀件数は例年ほど伸びず、新型コロナウイルス感染拡大の影響による、いわゆる「三密」回避への配慮から、ほとんどのご葬儀形態がご会葬者をお招きしない「家族葬」となり、今期業績の下振れ要因となっております。

● 介護事業
介護部門については、M&Aによる事業の拡大効果が現れております。2019年10月よりデイサービス、ショートステイを中心とする「エミーズ鴨宮」(神奈川県小田原市)、「エミーズ東間門」(静岡県沼津市)、「エミーズ原」(静岡県沼津市)がグループに加わり、売上高は順調に増えましたがそれでも想定をやや下回った要因は、新型コロナウイルス感染を避けるために、ご利用者の皆様がデイサービスご利用を控えたためです。

● その他の事業
2019年11月から、ご家庭・事業所の清掃サービス、家事代行、ガーデンメンテナンス等を提供する株式会社スキルが当社グループに加わりました。同社は、ご家庭からオフィス・店舗・事業所まで、専門の資器材・薬剤を使用して徹底的なお掃除、家事代行、お庭や庭木の緑の管理等のサービスをご提供する会社として加わったことにより、当社が目指す「トータルライフサポート事業」に重要
な役割を果たすことが期待され、サービスを提供する中でお客様とのご縁が生まれ、当社の既存事業に対する需要を取り込むことが可能になると考えております。また、ご葬儀後の遺品整理・ハウスクリーニングを請け負うことで、お客様のご負担を軽減することが可能になりました。現在は神奈川県平塚市エリアが対象ですが、今後は事業エリアを、県央地区(相模原市、厚木市等)、西東京地区の東京都八王子市にまで拡大し、サービスもご自宅の修繕や改修まで手がけていくことを計画しており、さらにお客様に寄り添ったサービスのご提供を目指しております。

M&Aや施設の新規開設を加速させていますが、その理由を教えてください。

2020年3月期の最大のトピックは、2020年2月に八王子市の東京霊園を管理・運営する高尾山観光開発の株式を取得しグループ子会社化したことです。東京霊園は武蔵野の雄大な自然の中にあり、大正天皇と昭和天皇の武蔵野陵にも近い高級霊園です。

東京霊園の事業は当社の主力事業である冠婚葬祭互助会事業と親和性が高く、ご葬儀の延長として霊園への埋葬を組み込むことで、一貫した質の高いグリーフ(癒し)ワークを実現することが可能となります。

また、東京霊園ご契約者様の地域分布は、当社グループの西東京地区エリアとほぼ重なることから、既存事業と霊園事業のシナジー効果によるビジネスチャンスの拡大も期待できます。

葬祭ホールとしては、新たに「ファミリーホール聖蹟桜ヶ丘」、「ファミリーホール藤沢大庭」がオープンしました。当社の式典施設のブランドには「斎場」、「総合ホール」、「ファミリーホール」、「セレイエ(ファミリー葬祭)」で構成され、このうち「ファミリーホール」ブランドは、会葬者30名程度を想定した家族葬ホールとなります。両施設は家族葬が増えているという時勢に合わせ、上質なご葬儀を提供するとともに、葬儀に続くお別れ会や偲ぶ会で、自
社で質の高い料理をご提供することを目的としています。

ご葬儀は今後、単価は下がるものの件数は2040年くらいまでは緩やかに増えていくことが予想されます。そこで、今後の出店計画としては、小規模な斎場の出店が中心になっていく予定です。エリアの中心にお別れ会・偲ぶ会が開ける施設を併設した旗艦店を置き、その周辺にはご葬儀だけを行う衛星店をバランス良く配置していくことで、ご葬儀とご葬儀に続くグリーフワークを含めたお客さまのニーズに添ったきめ細かいサービスを提供してまいります。

ホテル事業では、ホテルサンライフガーデン内に「フォトスタジオキッズドリーム」をオープンしました。「アニバーサリー(記念日)を記録に残す」というコンセプトのもと、お宮参り、七五三、バースデー、卒入園・卒入学などの行事を通じてご家族が集う場をご提供し、ご家族の絆を深めるお手伝いをし、そのご縁をご宴会や結婚式などにもつないでいきます。

2021年3月期の見通しと株主様へのメッセージをお願いします。

2021年3月期の状況はコロナショックが続く現時点では見通すことができませんが、当社の財務体質は非常に健全であり、収束すれば即座に事業を再開し、新たな投資も行う予定です。株主様におかれましては、引き続き、当社グループのご支援をお願い申し上げます。

(2020年6月)